導入事例

CASE

ロジスティクス業務全般の作業効率改善が必要

  • システム構築

ロジスティック業務フロー見直し、業務IT化による
「入出荷処理までの一連業務短縮」を実現

COMPANY INFORMATION

  • 業種・部門ロジスティクス事業

課題

ロジスティクス業務全般の作業効率が低く、出荷までの時間短縮が求められていた。

解決策

物流センター内の一連作業(入荷・入庫、在庫管理、ピッキング・出庫、出荷)を効率化し、一元管理を実現。

成果

受注から出荷までのコスト削減、納期短縮を実現

物流センター内の一連作業(入荷・入庫、在庫管理、ピッキング・出庫、出荷)を効率化し、一元管理を実現

物流センター内の一連作業(入荷・入庫、在庫管理、ピッキング・出庫、出荷)を効率化し、一元管理を実現。
様々な受注から出荷までの短納期平準化物流を目的とし、得意先が使うタイミングで、欲しいものを欲しい形態で、最少コストで供給できるシステムを実現。
入出荷の作業フローをルール化し、注文別に次工程作業を作業者へ通知することにより、庫内作業 をシステム判断することで出荷までの時間を短縮。
ピッキング順を管理し、効率良い導線を作業者に通知することにより、ピック作業の効率が向上。
他システム連携のAPI化を実施し、庫内作業状況のリアルタイムに把握することができ、遅延工程へ の迅速な対応が可能となった。

お電話でのご相談はこちらから

045-313-5539

受付時間 平日9:30〜18:00