導入事例

CASE

セキュリティ対策、運用状況をきちんと把握したい

  • セキュリティ対策

インシデント発生時の状態可視化全社セキュリティー対策・運用を自動化により
コスト効率UP・インシデント発生時の迅速化を実現

COMPANY INFORMATION

  • 業種・部門アウトソーシング企業・情報セキュリティー部門

課題

お客様企業のインシデント発生時の対応おいて、対象部門の管理端末のセキュリティー状況、利用サーバによるセキュリティー対策、運用状況が把握できておらず、インシデント対策において状況把握までに相当な時間を要したという課題を抱えていた。

解決策

セキュリティー運用の一元管理、自動化を実施

成果

ITIL準拠のグローバル・スタンダードな運用を実現

管理端末のセキュリティー状況、利用サーバによるセキュリティー対策、運用状況が把握できておらず、状況把握までに相当な時間を要していた

お客様企業のインシデント発生時の対応おいて、対象部門の管理端末のセキュリティー状況、利用サーバによるセキュリティー対策、運用状況が把握できておらず、インシデント対策において状況把握までに相当な時間を要したという課題への対策という課題があった。 

ServicenowのDiscovery機能を利用することで、ネットワーク内の機器情報の自動取得と一元管理を実現

セキュリティ施策を実施するうえで、最重要課題の一つである構成管理情報をEXCELの管理からServicenowのDiscovery機能を利用することで、ネットワーク内の機器情報の自動取得を実現し、 共通CMDBとして一元管理を実現した。

豊富なアドオン機能や他社製品との連携により、効率的な脆弱性管理のライフサイクルを実施

豊富なアドオン機能や他社製品との連携により、効率的な脆弱性管理のライフサイクルを実施すると共に、リアルタイムにトラッキングしているためユーザーの役割・立場に応じたダッシュボードが、常に鮮度の高い状態で可視化する事が可能になった。

お電話でのご相談はこちらから

045-313-5539

受付時間 平日9:30〜18:00