ニュースリリース

NEWS RELEASE

2021.01.18

プレスリリース

リモートワークに変革をもたらしDX推進を加速する、業務可視化を実現するタスクマイニングサービスを展開

株式会社トランスコスモス・デジタル・テクノロジー(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:堀内 義和)は、ハートコア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神野 純孝)と業務提携し、従業員の業務を可視化する「CONTROLIO(※)」(以下「タスクマイニング」)の導入・活用支援サービスの提供を開始しました。

昨今、長時間労働や労働人口不足などの問題により業務の効率化や生産性の向上が求められているなかで、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの企業において在宅環境によるリモートワークが推進され、これにより従業員の労務管理やセキュリティなどの課題解決が必要となっております。

この課題を解決すべく、トランスコスモス・デジタル・テクノロジーでは「タスクマイニング」というソリューションに着目しました。詳細なPCログデータを収集し分析することによる個々のタスクレベルでの課題や問題点を発見する分析手法となります。ログからは、従業員の稼働状況、作業内容、閲覧サイトや外部機器接続などを確認でき、各自の勤怠や情報セキュリティ面でのフォローが可能となります。これらはソフトウェアによるログの収集であるため、従来のヒアリングより正確性も高く、効率的な手段となります。

これまで、DevOpsやAIへの取り組みを積極的に進めてきた当社は、このように新たなソリューションを迎え、PC上での操作ログ情報から各個人の業務を可視化/分析いたします。この可視化/分析に関する顧客サポートは、ハートコアとの協力体制により盤石です。また、分析による発見課題の解決策は、当社の多岐にわたるサービスにて、RPA化もシステム化もワンストップで提供いたします。

※CONTROLIOについて
CONTROLIOは、従業員がPC上で行う業務を1操作単位で捕捉・記録し、適切に分析を行うことで、業務内容を可視化できるツールです。欧米では、コールセンターやバックオフイスでの導入が進んでおり、業務効率を可視化し、リモートワーク、テレワークにおける従業員の評価基準に使っています。これらは可視化による「監視」ではなく「見まもり」であり、社員のモチベーションアップおよび生産性アップにも効果があります。
CONTROLIOは、オンプレミス、クラウド両環境をサポートします。またモニタリングに関して詳細なルール設定が可能で、全世界で3,000社以上の導入実績があります。実績例は以下の通りです。
B&H Photo, USA、Austal, Australia、Bright Box (Zurich Group), Switzerland、Coyle, United Kingdom

【株式会社トランスコスモス・デジタル・テクノロジーについて】
当社は「トランスコスモス株式会社」グループのシステム開発専門会社としてソフトウェアの受託開発を中心とし開発力、技術力の強化に取り組んでおります。
高度な技術力を活かし、高付加価値のエンジニア力を提供する事で、高い評価と信頼を築いてまいりました。今後はアジア諸国との競争やIT業界の変化を見据え、現状のビジネス領域だけでなく、さらなる「挑戦と創造」を進める事に全力を尽くしてまいります。

<ハートコア株式会社>
本社所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33 白雉子ビル3F
代表者  : 代表取締役社長 神野 純孝
設立   : 2009年6月
URL    : https://www.heartcore.co.jp/
事業内容 :
・デジタルマーケティングテクノロジーを利用したCMS(コンテンツ管理)
 及びCXM(顧客体験管理)の 開発・販売・保守
・RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)の開発・販売・保守
・プロセスマイニング・ソリューション「myInvenio」の販売・保守
・タスクマイニング・ソリューション「CONTROLIO」の販売・保守
・CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)の開発・販売・保守

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社トランスコスモス・デジタル・テクノロジー DX事業推進室

一覧に戻る

このトピックスの関連するサービス

お電話でのご相談はこちらから

045-313-5539

受付時間 平日9:30〜18:00