ニュースリリース

NEWS RELEASE

2022.07.25

プレスリリース

トランスコスモス・デジタル・テクノロジー、Microsoft Power Platformを用いたソリューション構築サービスを提供開始
~Power Platformによるスピード感のあるシステム構築~

株式会社トランスコスモス・デジタル・テクノロジー(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:外山 勝利、以下 当社)は、マイクロソフトが提供するMicrosoft Power Platformを利用した、ソリューション構築サービスの提供を開始いたします。
「働き方改革」の実現に向けた業務の効率化や生産性向上への対応策の一つとして、社内での内製化を進めるお客様企業も多くなっています。また事業遂行や社内情報のデジタル化など、これまでよりもスピード感を持ったシステム構築が求められる状況へと変化してきています。そのためRPAの導入など実施することも増えましたが、結果として担当者レベルでの最適化にとどまり企業全体では効率化や生産性向上へ寄与できていないケースも多くあります。
そのような状況の中登場したのがMicrosoft Power Platform (以下、Power Platform)です。プログラミングを行わずに利用できる「ノーコード」や「ローコード」なサービス群であるPower Platformを活用することで、これまでよりも専門知識を必要としない形でアプリケーションやシステムの構築を行えるようになります。Power AppsによるローコードでのWeb/モバイルシステム構築を行うことや、Power Automateで定型的な業務をRPA/ワークフローで自動化することが、これまでよりも迅速に行う事が可能です。またクラウドサービスであるMicrosoft Azureとの連携や、Microsoft 365との連携もスピーディに対応できます。スピード感を持ちつつも、セキュリティや品質面でも一定以上のものを担保できるサービスがPower Platformです。
Power Platformの活用シーンとしては、様々なケースがあります。例えば書類ファイルをメールでやりとりを行うとPower Automateで自動に処理し後続処理をPower Automate for desktopと連携してRPAで基幹システムに自動登録を行うケース、社内設備管理システムをPower Appsで作成しWebブラウザやモバイル端末からすぐに利用できるようにするケース、チャットボットで問合せが行われたら記録を残しつつ担当者のアサインを行い対応履歴をダッシュボードで把握するといったPower Platformのサービス群を組み合わせて利用するケースなど、社内外を問わずに多くの場面で活用が可能です。
当社は、今年度中に50名体制のPower Platformに精通したエンジニア体制を構築しお客様企業のDX内製化支援サービスの提供を目指します。
(当社Power Platformチームについて)
当社PowerPlatfromチームリーダーとして、Microsoft MVP受賞者の小尾 智之が在籍しており、スキル・ノウハウの共有やチームリードを実施し、本サービスの提供体制強化を進めております。
“業界歴25年を超える経験で、Power Platform/Azure を中心としたクラウドソリューション構築を主に担当する。著書に「Power Automate自動化レシピ」(日経BP社)、監修として「Microsoft Power Automate入門」(翔泳社)。Power Automate/Azure Logic Appsの日本ユーザーコミュニティLogicflow-jaを2017年に設立し運営。ユーザー主体の開発を普及すべく活動を行い、2022年7月よりMicrosoft MVP for Business Applications、それ以前は Microsoft MVP for Microsoft Azureとして表彰される。”

当社ではソリューション構築サービスを主軸とした、以下のサービスを提供いたします。

1: ソリューション構築サービス
システムを作成したいが要員の確保が難しい、ノウハウを持たないというお客様向けのサービスになります。お客様側との要件調整後、当社側でシステムの構築を実施します。
2:要員教育サービス
お客様側でシステム構築を行いたいが、スキル・ノウハウが足りていないと感じるお客様向けのサービスになります。Power AppsやPower Automateを利用した開発時に、必要となるスキルの教育を実施します。
3: テクニカルアドバイザリーサービス
開発を行う要員としてではなく、実装方法や構築内容について疑問が発生し技術的な問い合わせを行いたい場合に対応するサービスです。
4:運用保守サービス
システム構築後のアフターサポートをしてほしいお客様向けのサービスとなります。
運用されているシステムの正常動作を監視し、異常が発生した場合にはご連絡や取り決めた手順での一次対応を行います。

当社はテクノロジーによるお客様企業の課題解決による知見を最大限に活かし、お客様企業のデジタルトランスフォーメーションパートナーとして専門性の高いサービスを提供していきます。

【日本マイクロソフト株式会社 からのエンドースコメント】
日本マイクロソフトは、トランスコスモス・デジタル・テクノロジー様が、 Microsoft Power Platform を用いたソリューション構築サービスの提供を開始することを心より歓迎いたします。
多くの企業や団体において働き方改革やデジタル化の推進が求められるなか、日本全体でエンジニアが不足しているという現状に対して注目されているのがローコード開発であり、その環境を提供するのが Microsoft Power Platform です。その Power Platform の技術をベースにシステムの構築から、教育、技術サポート、運用まで一連を支援するトランスコスモス・デジタル・テクノロジー様のサービスが、日本のお客様の業務効率化や生産性向上に繋がることを期待しております。
日本マイクロソフトは今後もトランスコスモス・デジタル・テクノロジー様と連携し、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献して参ります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 パートナー事業本部 エンタープライズパートナー営業統括本部 統括本部長
野中 智史

(Microsoft Power Platformについて)
Microsoft Power Platform は自動化・アプリケーション作成・データ統合・チャットボット・Webサイト構築を簡易に実現できる包括的プラットフォームです。クラウド基盤のMicrosoft Azureや、Microsoft 365とも密接に連携をとれるサービス群です。
https://powerplatform.microsoft.com/ja-jp/

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社トランスコスモス・デジタル・テクノロジー DX事業推進室

一覧に戻る

このトピックスの関連するサービス

お電話でのご相談はこちらから

045-313-5539

受付時間 平日9:30〜18:00